お葬式の専門家である葬祭ディレクターとは

通夜、お葬式に関して専門的知識を持ち、技能レベルを証明する資格として、葬祭ディレクターという資格があります。これは厚生労働省認定の技能審査です。この資格はお葬式に関わる人が持っていなくてはならない資格ではありません。しかし、この資格を保有していることで一定レベルのお葬式の知識、技能を有していることを客観的に証明することができます。

資格取得の条件として、2級は葬祭実務経験が2年以上、1級は実務経験5年以上もしくは2級合格後2年以上の実務経験が必要となります。お葬式のノウハウについて基礎的な部分から理解しておく必要があり、また宗教、法律、行政手続きなども試験内容に含まれるため、この資格を取得したスタッフは、お葬式に関する様々な知識を持っているプロと呼べるわけです。

天光社(https://1000kaze.jp/)にはこの葬祭ディレクターが多数在籍し、その高い知識と技術をもって心のこもったサポートを行っています。また、この天光社(https://1000kaze.jp/)には、独自のディレクター育成カリキュラムがあり、資格取得と並行して提案や配慮ができる能力も身に着けていくことをモットーとしています。